病気で貧乏で独身だけど、それでも生きねば!

40代独身。働けないのに病院代はかかるという辛い状況。将来の不安に怯えながらも、なんとか生きていこうとするアラフォー女のブログです。

希死念慮に苦しむ ①

ふと気が付けば、6月も残りわずかですね。

2017年も、もう半分以上が過ぎてしまいました。

月日が流れるのが、本当にとても早く感じます。

 

2017年の前半は、今まで生きてきた中で1番苦しくて、そして1番『死』というものを考えた時期でもありました。

 

2017年の1月。人間関係に疲れて、4年程務めた職場を辞めました。

辞めた当初は、もう嫌な思いをしなくてすむと、少しホッとしていました。

けれどそんなふうにホッとした気持ちはほんの束の間のことで、

「何で辞めてしまったんだろう」「やっぱり辞めなければよかった」と

後悔の気持ちがどんどん大きくなっていきました。

 

無視されたり嫌な言い方をされたりして辛い思いはしたけれど、その程度の事はどこの職場でもあるだろうし、ほとんどの人は、この程度の事は我慢して働き続けているのですよね。暴力ふるわれたり怒鳴られたりしても、それでも我慢して働き続けている人だって、きっといるでしょう。

なのに私は・・・・・。あの程度のことで辞めてしまった自分が本当に情けないし、

あの程度のことで辞めてしまったからこそ、よけいに後悔の気持ちが大きいのだと思います。

 

そして辞めてから時間が経つにつれ、「私、本当はあの仕事が大好きだったんだな」

という気持ちがどんどん強くなっていき、辞めてしまったことを心の底から後悔しました。4年間なんて、普通の人の感覚からするとなんてことない年数なのでしょうけど、

私にとっては、今までで1番長く続いた仕事です。

 

単純な作業ではあるけれど適度に頭も使うので飽きずに続けられるし、わりと自分のペースで進めていけるところも、せかされるとパニックになってしまう私にとっては、向いている仕事だったと思います。

 

嫌な人もいたけど、良くしてくれる人だってたくさんいました。

休み時間にくだらない話をして大笑いしたこととか、忙しい時期にみんなでブツブツ言いながらも頑張ったこととか、思い出すと涙があふれてきます。

本当になんで辞めちゃったんだろう・・・・・・。

 

あそこは私にとって大切な大切な居場所だったのに。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 睡眠障害へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ